So-net無料ブログ作成
検索選択

【驚愕】コンビニおでんは危険すぎる!絶対に食べてはいけない とんでもない理由とは?【知らないと損する雑学】 [閲覧注意ニュース]

スポンサードリンク




最近は、少し寒くなってきました。
こうなると食べたくなるのが、「コンビニおでん」です。

おでんコンビニ.jpg

だいこん、しらたき、ぎゅうすじ。
画像を見ているだけでも、よだれが止まりません。

そんなコンビニおでんですが、
実はとんでもなく危険な食べ物だとご存知ですか?

今回は、どうしておでんが危険なのか?をご紹介していきます。

●「アミノ酸」に隠された危険
まかり間違っても、コンビニのおでんの汁は飲んではいけません。
「○○産の昆布と○○産のかつおだしを使用」などと謳ってはいますが、それらはほんの申し訳程度しか使っておらず、代わりに化学調味料が大量に入れられています。

私たちが最も気にかけなければいけないのは、塩酸分解によるたんぱく加水分解物の製造工程で、クロロプロパノールという発がん性物質が生成されてしまうことです。
その危険性は多くの国で知られており、欧米では摂取上限値を設けている国も多くあります。

●さまざまな食品添加物が混合
イースト症候群(イーストコネクション、または慢性カンジダ過敏症)というアレルギー症状を起こす原因物質になってしまうのです。

イー スト症候群になると、腸内菌叢の乱れによるビタミンB群の減少で皮膚や粘膜が荒れたり、かゆみが出たりします。
また、慢性の下痢が続き、イライラしたり怒 りっぽくなるともいわれています。
記憶力・集中力の低下なども招き、疲れやすく、慢性的なだるさが続くともいわれています。

●危険性がまったく未知数のコンビニおでん
さらに、コンビニは具材のメーカーに対して、「汁が濁らないような具材をつくれ」「いつまでも汁の中で浮いている具材をつくれ」「汁の中で色が変わらないような具材をつくれ」などと、“売れる”具材を要求します。

それに応えるためにメーカー側は必死に商品開発に励み納品します。
そこには消費者の健康に対する配慮などあるはずはないのです。

寒い冬の夜、会社からの帰り道。
おなかがペコペコな状態でコンビニに寄ったら、温かいおでんがあった。
そうなると、思わず「買って帰ろうかな」という誘惑に駆られる気持ちもわかりますが、「思いとどまったほうが身のためだよ」と申し上げておきます。

以上が危険と言われる理由でした。

個人的には、嫌なら食べるなと思います。
確かに健康を優先すれば、良くないのかもしれませんが、
寒い日の会社帰りに食べるコンビニおでん。

私は、とても大好きです。

学生時代は、部活帰りによく食べていました。
コンビニおでんでも、小さな幸せを感じる事が出来ます。

コンビニ商品やレトルトやカップ麺も健康には良くないですが、
それが被災地でどれだけの人を助けになりましたか?

健康に悪い=この世にあるべきではない!

という過激な意見もあります。
ですが、好き嫌いの問題だと思います。

好きでもなく、美味しくないオーガニック食品を食べても必ず健康になるとは限りません。
それに、そんな想いをして長生きしたいとも思いません。

好きな食べ物を好きな時に好きな人と食べる。
これが一番健康にいいのではないのでしょうか?

本当に危険な食べ物もありますが、そもそも食べ過ぎは良くないです。
ですが、オーガニックをゴリ押ししてくる人が一番うざくて、ストレスになり、心の健康を害しています。

オーガニックも良いですが、ゴリ押しはしないで下さいね。
サプリメントを訪問販売で売っている”あなた”の事ですよ。
分かる人には分かると思います。


【某国の政治】
チャンネル登録お願い致します!
https://www.youtube.com/channel/UCYICjQGWC-wJx4_qXzKIAJg



スポンサードリンク



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
キャッシング 銀行系

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。