So-net無料ブログ作成
検索選択

【中国崩壊最新】中国の国際禁輸戦略が「衝撃の真逆な結果になり」中国人が絶望!とんでもない急展開とは? [政治]

スポンサードリンク




レアアースの鉱床は世界各地に分布しているものの、生産されるレアアースのほとんどは中国産だ。
かつては政治にも利用され、極端な価格のつり上げや輸出制限が行われた中国産レアアースだが、今では状況が一転し、価格が暴落しているという。

想定とは真逆の結果中国人が激怒.jpg

 中国メディアの今日頭条は18日、中国のレアアースは輸出量が増えると同時に価格が下落していることを指摘し、「中国は今後、自分自身をどうやって救えば良いのか」と嘆く記事を掲載した。

 記事はまず、中国産レアアースについて「2016年1-9月の輸出量は前年同期比49.6%増となったものの、価格はそれに反比例して下落している」と紹介。

16年1-9月の輸出価格は前年同期比で37%も下落したと伝え、価格下落の理由として中国国内の過剰生産と在庫過剰、違法な採掘、密輸、また応用技術開発によるレアアース自体の需要の低下などがあるとした。

 そのため、中国のレアアース各社は厳しい経営を強いられているようで、レアアース市場低迷で業界の価格競争が激化している。

過去には中国に多大な利益をもたらしたレアアースだが、中国は今後、レアアース業界の苦境をどのように改善すべきだろうか。

 記事は、需要を圧倒的に上回る過剰な生産能力や在庫の存在を指摘し、「法整備の遅れや、欲にまみれた企業による乱採掘を野放しにしてきた国に責任がある」と指摘。
取り締まり強化の必要性を指摘し、企業の統合と採掘ルールの厳格化、環境保護などに力を入れる必要があると論じた。

 中国はレアアースを戦略資源として活用し、輸出制限を行うことで外交的に優位な立場を確立しようとしたが、日本企業の技術開発などによって需要が大きく低下し、結果的には自らの首を絞める結果となった。

違法な乱採掘や密輸による価格下落など、中国産レアアースはもはや「レア」ではなくなりつつあるのかもしれない。

【投稿者のコメント】

レアアースなんて無くてもいいってことが証明されたので、
金になるうちに全部売っぱらっちゃおうって企んでるんですよね?

あれだけ誇らしげに「レアアースドヤっ」ってしていたのが懐かしいですね。

ネットでも様々な反応がありました。

・日本の南鳥島の海底には、有り余るレアアースが発見されましたしね。
あの海底一面に広がるマンガンノジュールの映像には驚いた。

・そりゃ日本がテクノロジーでレアアースを開発できるようしたからだろ
つまり、レアな土じゃなくなったってことさ、だから価格が下落したんだよ

話は違うが、最近ではレアメタルも開発できそうなんだってな

・あれだけ日本に禁輸で圧力掛けるアルって粋がってたのに
どうしてこうなった・・・・

・大抵のものは代替えになる技術は既にある
ただ既存のものに投資してしまっているから投資した分を回収するまで次の技術に移行しない
回収した頃にはさらに次の新しい技術が開発されているから今ある代替え技術は結局使われずに消えていく
だけどレアアースの時みたいに何かあればすぐに代替えが出てくるんだよ

以上が引用でした。

日本の南鳥島の海底のレアアースに関しては、中国の領土とか言いそうですよね?
まぁ、レアアースの代用品はすでに日本でも開発されていたので、そもそもレアアースに凄い価値は感じていませんでした。

需要と供給の事を彼らは学んで来なかったのでしょうか?
こんな当たり前の事を理解していないようでは、また同じ過ちを繰り返しそうですね。

なんか、中国も韓国もドンドン右肩下がりになってきましたね!


【某国の政治】
チャンネル登録お願い致します!
https://www.youtube.com/channel/UCYICjQGWC-wJx4_qXzKIAJg


スポンサードリンク



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
キャッシング 銀行系

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。